マンション経営を実践|売りアパートを活用して不動産投資を始めよう
メンズ

売りアパートを活用して不動産投資を始めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション経営を実践

男性

マンション丸ごと購入

マンション投資を行う場合には、1棟丸ごと購入することがおすすめです。もちろん投資額は大きくなりますが、マンション経営を考える場合に、柔軟に対応できるのは1棟丸ごと購入するマンション投資です。アパート経営の場合、ほとんどはアパートを丸ごと所有して賃貸することになります。アパートですから投資額もそれほど大きくはなりません。マンションの場合には1室でも数千万円の購入費用になりますので、1棟購入になるとかなりの費用になります。それでも、マンション経営を行う場合に、多数の所有者がいると、何をするにしても協議が必要になります。その点、1棟丸ごとのマンション投資であれば、全てを自分だけの責任で行うことができますので、機動性があるのです。

1棟購入のメリット

例えば、マンションで大規模改修を行う場合には管理組合などで実施時期や費用負担などを決めていくことになりますので、自分の思う通りにできるわけではありません。しかし、マンション全体を購入していれば、自分の考えている時期に大規模改修をすることができますので、他のリフォームと併せて実施することも可能です。家賃の値上げや値下げについても、部屋ごとにバラバラであれば難しいですが、全体的に一人で管理していれば、柔軟な対応が可能になります。空室が生じた場合でも、1棟丸ごとのマンション投資であれば、複数の入居者がいるため、一定期間の空室の収入不足を他の部屋の収入でカバーすることができるのです。資金的に可能であれば1棟丸ごと購入がおすすめです。また、マンション投資においては、プロに相談してみることも大切となります。マンション投資会社では、初めての方でも安心して経営が行なえるようにと様々なアドバイスをしてくれます。何かわからない場合でも、的確に対応してくれるため、相談するとよいでしょう。しかし、マンション投資会社といっても数多くあります。口コミなどを参考に信頼できるところを探すようにしましょう。