ある意味チャンスです|売りアパートを活用して不動産投資を始めよう
メンズ

売りアパートを活用して不動産投資を始めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある意味チャンスです

男の人

人口の流れを考えよう

人口減少時代に突入している中、不動産投資に対して警戒感を抱いている人も少なからずいます。警戒感を抱く人たちのロジックは、「人口が減少すれば、住まいを求める人も減るものの、空き部屋は急には減らない、だから空室は増える」というものです。これはある意味正しいですが、ある意味、間違っています。なぜならば、どの地域も均等に考えているからです。人口減少時代にあたっては、人口の大移動が起きます。利便性の悪いエリアから利便性の良いエリアに人がどんどん移っていきます。そのため、空室リスクは二極化します。利便性の良いエリアは、今以上に空室が減るということです。すでに、利便性の良いエリアでは、マンションを建設できる土地が少なくなってきています。

現地を知ろう

今後、供給が少ない一方で需要が増えるという構造になっていくわけです。不動産投資をする際には、このような利便性の高いエリアを選択する必要があります。そのためには、利回りの高さだけで物件を選んでいてはいけません。魅力的な投資物件が出て来たら、まず、自分の足で見に行ってみましょう。その際にタクシーや自家用車を使わず、電車やバスなどの公共交通機関を使いましょう。この点が利便性の良し悪しにもつながるからです。また、周辺を散歩してみることも重要です。生活感を体験してみましょう。このように実際にそのエリアを体感してみて不便さを感じなければ、不動産投資に値する物件と言えます。不動産投資には大局を捉える視点と現地を知る行動力が重要なのです。