積み木

売りアパートを活用して不動産投資を始めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある意味チャンスです

男の人

人口が減少する時代において、不動産投資は、ある意味、チャンスと言えます。もしも、不動産投資をしようと考えているのであれば、しっかりと現地を確認してみて、利便性の良いエリアの物件を選ぶように心掛けましょう。

詳細

すぐに始めるアパート経営

女性

自分で建設するより手軽

記録的な低金利が続く現代にあって、高利回りが期待できる不動産投資として人気を集めているのが賃貸経営です。中でも人気が高いのが、1棟購入と呼ばれる投資手法です。1棟購入とは、不動産市場に出ている売りアパートを買い取って経営することをいいます。まったくゼロの状態からアパート経営を始めようとすると、土地の取得から建物の建築を経て、実際に家賃収入を得るまでには長い時間がかかります。しかし売りアパートを利用すれば、投資から果実を得るまでの期間を大幅に短縮することができます。不動産投資は長期にわたる運用が基本とはいえ、借入金の金利負担のことを考えれば、収入がゼロの期間は短ければ短いほど望ましいものとなります。

翌月から早速入金も

売りアパートには大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ特徴があります。1つめは新築アパートです。賃貸市場においても新築物件の人気は高く、高い入居率が期待できます。家賃設定もある程度強気になれます。2つめは入居者がいない中古アパートです。あまりに古いと耐震設計の問題などが生じるケースがあるので注意が必要ですが、新築に比べると価格が割安で、少ない資金で投資が始められます。3つめは現在入居中の中古アパートです。いわゆるオーナーチェンジ物件で、購入した翌月から早速家賃収入が得られます。また、現在の家賃水準や入居率から利回り計算がしやすいというメリットがあります。予算や自らの運用方針に基づき、最もふさわしい売りアパートを選ぶことが経営成功のカギとなります。

勉強は欠かせません

セミナー

不動産投資を行う方は、業者任せにするのではなく自分でも積極的に勉強をしましょう。不動産投資セミナーは、初心者向けの無料のものから、実践的な有料セミナーまで様々なものがあります。法律の知識や興味のある分野など、積極的に学んでいきましょう。

詳細

マンション経営を実践

男性

マンション投資は安定的な投資として人気がありますが、資金的に可能であれば、1棟丸ごと購入することがおすすめです。マンション経営を行う者が自分だけであれば、何事にも機動的に対応することができますし、空室リスクにも対応できます。

詳細